株式会社クレス

あらゆる専門分野・精密機械のメンテナンスの外注に対応できます。

最近のニュース

最近のニュース 1)食品加工機械のメンテナンス 牛肉、豚肉、魚などのスライス加工機械で大きな実績をもつ関西のKエンジニアリングは、関東地区の食品加工センター(船橋、銚子、群馬、焼津)に設置した同社の装置の保守点検のための出張経費の経費節減を計画し、機械、メンテナンスのキーワードでパソコン検索し、当社に打診があった。当社は、作業当日に機械,電気の専門技術者を派遣したが、経済性と、サービス内容の両面から、同顧客に高く評価された。 2)血液培養装置MS-DOSソフトのバージョンアップ 世界的な某大手化学会社は、血液中の細菌の有無を検査する血液培養装置の大きなマーケットシェアーをもっているが、そのソフトのVersion- Upが必要となった。特に、同社は古くから、この分野で世界的に高いシェアーを持っている為、出荷台数も多く、しかもその装置は今日では珍しいMS- DOSソフトから成り立っている。Windows万能の今日では、MS-DOSのエキスパートが少なく、当社に応援技術者派遣の依頼があった。 早速当社は、同社に対して、高度なMS-DOSエキスパートを手配して派遣し、短期間の技術研修を受けた後、直ちに全国に設置された同装置のソフトの改修活動を開始、 更にパソコン交換、装置のパーツ交換などの修理業務も同時に行なっている。 3)医薬実験器具のオンサイト計量器バリデーション 医薬製造の実験に使用する器具は、そのバリデーションを毎年実施して常に精度を確認する必要があるが、この業務は単純な作業を正確に繰り返す必要があり、意欲旺盛な技術者にはたいへん退屈で苦痛な業務である。 例えば,多数のピペットの微量検定作業などその典型であるが、当社の技術者はその業務を代替して、熟練した手法で正確に効率よく検定作業を行なっている。 4) 半導体用化学薬品の空容器の検品業務 半導体業界の活況が続いているが、半導体の加工には劇毒薬の三塩化りん、三臭化りん、その他が使用される。 その結果、半導体メーカーから大量の使用済み化学薬品空容器が返品されて来るが、1品づつその残存内容を検品する必要がある。 しかし劇毒薬のため防毒マスク着用が必要で3K的な業務である。 また返品数量も変動する為、正規社員の起用は困難である。 当社は、某薬品メーカーの要請に応じて、化学知識をもつアルバイト数名を選抜して、同社の仕事量の変動に応じて緩急柔軟に要員を派遣した。

最終更新日: 2008年12月21日(日) 18:57 JST|834 閲覧件数

最近のニュース | 0 件のコメント | アカウント登録
コメントは投稿者の責任においてなされるものであり、サイト管理者は責任を負いません。